FC2ブログ

「渇望メソッド、鬼さんこちら」の感想です。ネタバレ

テーマ:乙女系CD - ジャンル:サブカル

鬼さんこちら

「渇望メソッド、鬼さんこちら」
6枚連作の1作目です。
これを購入したきっかけは、TEAM Entertainmentさんが
今年「くらやみがたり」を出してくれないことでした…。NO!!!!
しつこく待ってたらこれの予告に行き当たりました。

個人的に久しぶりの日野聡さんで、綺麗なジャケ絵と重たい設定、
薄暗い紹介文…。
あらステキ。と思ってとりあえず1枚目を予約しました。

結果から言うと、長い話のイントロでした。
話長いよ☆って言われた気がしました。

以下ネタです。


見知らぬ場所で目覚めるだろう少女に語りかける、低く沈鬱な男の声。
彼は不死者の一族の王であり、2人の息子に頼まれて、その少女を
不死者の仲間に加えるべく、吸血のために彼女の目覚めを待っている。


やがて目を開いた少女は、幼馴染の2人の父を名乗るその王に
吸血され、館の中を逃げ回る。

  そこの逃げる、追いかける、がタイトル「鬼さんこちら」の所以かと。
  あと吸血がリップ音+効果音になってたんですが、この効果音が
  なんと言うか、映画でいうなら刃渡り15cmの包丁で刺されたレベルの
  大きさな気がしました。

けれどどこまで逃げても逃げ切れるわけもなく、間もなく捕らわれ、意識を失った
少女は、不死者の一族に隷属する、王の人形として目覚めることになる。

眠る彼女を眺めながら、逃げる彼女を追いかけながら、1度の吸血によって
不死者へと変化してゆく過程を見守りながら、王は淡々と、切々と、
そして鬱々と語る。
あまりにも深いその孤独を。かつて愛した人間の少女がいたことを。
人間の少女が王に与えた、たったひとつの名前。
無意識にそれを口にした、彼女は本当は何者なのか。


ストーリーは以上です。本当にそれだけです。
あとは王が延々と語るのです。不死者の苦しみと孤独と快楽、
命への憧憬を込めた侮蔑、情熱を抱えたままでたゆたう闇の暗さを。
それはもう延々と。懇々と。

それを次作への期待とするか、微妙と思うかは自分自身もあやふやながら
久方ぶりの、重苦しくも艶めいた、美声は堪能いたしました。

エンディングに収録されているテーマ曲もCDの雰囲気にはよく合っていて
よかったです。ただ曲の前にくるタイトルコールはいらなかったかなと。
つい感想も短くなる、「お話の冒頭」感あふれるCDでした。
あーでもイイ声ですわ~…。

次何書こうか迷いつつ、
ありがとうございました。


スポンサーサイト



作品タイトル か行 |トラックバック(0) |コメント(0)

かれピロ 大好きな彼とHして腕枕でピロートークされちゃうシリーズ第3弾「年下彼氏とおうちデートで編」の感想です。ネタバレあり。

テーマ:男性声優 - ジャンル:アニメ・コミック

かれピロ3

ひゃっほほーーーーい!!!!
ステラワースさんステキな企画をありがとう!!
背中に茶色い翅でも生えたように、メーカーが仕掛けるホイホイに
超カンタンにかかりました!
翅はあくまで茶色です。クロとワモンはイヤ!!

なんかでもこのジャケットって表情がつかめない・・・。
何か考えてるようで実は何も考えてないときの顔に見えます。
あ、でもこの手のCDならそもそもそういうものですよね。

このシリーズは今作が初ですが、第1、2弾も聴いてみたくなりました!
後輩設定!!大型ワンコ系!!
一番最初に出た感想は後輩、女子力高!!でした。
では内容いきます!




後輩くんは大学生で、彼女は社会人。大学時代に彼女はフットサル
サークルのマネージャーだったそうです。

「おかえりなさい」
遅くなる時は連絡をといきなり小言を繰り出す彼はゴハンを作って
くれてたようです。
  優しい~~~!!
「今日俺が来ることわかってたのに」
ベッドに放り出してあった下着に気恥ずかしかった彼。
  カワイイ~~~!!
「オカンって言うな!」
  と言いつつ何かと面倒を見てくれる彼は基本親切な人なんですね。
そしてお酒も入れつつ一緒にゴハン。
でもお酒が弱いという彼は、
「飲みきれたら、何かご褒美くださいよ」
「何か、楽しくなってきたな」
「急に、近くないですか」

  いいですね。彼女が積極的なのは好きですわ。
「どうしたらいいか、わかんなくなるっつの」
「もっとキスって」
「誘ってるようにしか見えねんスけど」

  それ以外のなにものでもないですね。

缶を一気に飲み干して勢いつける彼。
「ベッド、行きませんか」
「俺もう、逃げませんから」

  何かこのセリフ、逆に嗜虐心が沸きますね。
「服、脱がしますね」
「ブラジャー、とってもいいですか」

  そういえば1分間に他人のブラホックを何コ外せるかってギネスに挑戦してる人、いましたね。
「柔らかい」「ずっと触ってたい」
「気持ちいいところ、教えてください」
「信じられないくらい、幸せ」
「下着に、ちょっと染みてるっぽい」
「よかった」「うれしい」

  彼は初めてだと言っていますが、でも何かそこまで懇切丁寧に
  1コ1コ辿られると何かもうもう何か・・・!!
「どうされると、気持ちいいんすか」
「教えてください」「ね?」←
コレ!!
  この「ネ」が、ぎいやあぁぁぁああああ!!!!!ってなる!!
「俺の服も、脱がせて」
「もうちょっと、脚、開いてください」
「俺のも、ちょっと触ってくれませんか」

  熱心な感じのリップ音がステキです!!
  でもすまない!!喘ぎが特盛りすぎてちょっと笑った!

  ほんとに愛、というかココロある人!!って感じでてますね~。
  彼氏として、よりもっと前に、人としてものすごく真っ当な感じというか、
  歪みのない真っ直ぐな情や思いやりを自然に持てる邪気のない人に
  聞こえます。
  彼女もしっかりとぼんやりのメリハリがある人のようなので、
  彼のような人とは自然に愛情を育てていけそうで、
  そうで…、だあああああいいなああああ!!!!
  しーあーわーせーそーうーーーー!!!!そーうーーー!!

  あとピロートークトラックでの自分にとってのメインセリフはコレでした。
「苦しいとか言っても離さねえ」
  このシリーズって、ほかの2作もこうダミヘ独特の距離感を使って
  思いがけない波状攻撃っていうか、揺さぶりかけてくる系?
お見送りトラックでも、酒飲み切ったご褒美で
「先輩からの、バイバイのキス、して?」
  ってそんな甘ったるい音で「して?」・・!?
  ほんとこのカレ気まずいほどカワイイし!!!引くほど優しいし!!!
  学校帰りにアイロンかけに彼女の家に寄るってどうよ!?
  仕事が忙しい全国の姐さんたちがクラクラするほど欲しい
  彼じゃないですか!!
  そりゃもうこちらとしてもできる限りのサービスをして差し上げたく
  なるって!!
  だから帰らなくていいよ!!むしろ中から開かない鍵つけたく
  なるよ!!

特典ディスクの「After love~」は彼が帰った後で寂しくなった彼女からの
電話に、走って戻ってきた彼。
汗かいたからとお風呂を借りようと思ったら、一緒に入るという彼女。
  そりゃもうタオルを取るなだの取れだのと、ラブラブスイーツな
  バスタイムが!!
  そういえば私の知人にバスタイムがめっちゃ重要な夫婦がいましたね。
  俺僕シリーズの弘暁さんに続き、わああああああああああ!!!!
  ジタバタしそうにカワイイのはそっちだあああーーーー!!!!!
  
15歳(にあたるころ)の鬼灯さまとお香さんでこれやってくれませんかねぇ?
本編47分、特典23分、濃ゆい美声で楽しませていただきました。
ありがとうございました!!
そして来週は「くらやみがたり3」がでるぅ~!!
あの芸術的な一人語り!楽しみ~~~~!!!

ありがとうございました!!



拍手くださった方、ありがとうございます!
聴きましたよ平井さんのも!かっこよかったです!!


作品タイトル か行 |トラックバック(0) |コメント(0)

「葛藤CD 第2巻 雨の一日編」の感想です。ネタバレあり

テーマ:男性声優 - ジャンル:アニメ・コミック

葛藤CD雨の一日

ある日突然、平川大輔さんのふわふわコットンフィールな声を聴きたくなり、
あるのは知ってたけど持ってなかったコチラを聴いてみました。
「天使と悪魔の囁き合戦」で平川さんなら、そりゃもうきっとフワフワ天使とS系悪魔が
聴けるんじゃないかと期待して。

1. OPENING
2. case1 洗濯物を干した後で、急に雨が降り出した時
3. case2 外は土砂降り、空腹なのに冷蔵庫が空っぽだった時
4. case3 家に帰ろうとしたら、置いてあった傘が盗まれていた時
5. case4 雨の中で、捨てられている子猫を見つけた時
6. ENDING

なんですが、内容はトラックタイトルまんまです。

いつも主人公と一緒にいて、いつも彼女を自分のほうに引き寄せ独占しようと
囁きかける天使と悪魔。

ケース1では、面倒くさいからまた乾くまで放っておこうという悪魔。
洗いなおしてキレイな服を着ようという天使。

ケース2では、気持ち悪いぐらいお腹がすいてるなら先にちょっと何か食べてから
買い物に行こう。
で一致する天使と悪魔。
悪魔のオススメは杏仁豆腐の缶詰(賞味期限を1ヶ月超過)。
天使のオススメは友人の中国土産の缶詰(漢方の亀ゼリー)。

ケース3では盗まれた傘の代わりに、その辺の他の人のを使ってしまえという悪魔。
コンビニでビニール傘を買おうという天使。

ケース4では内緒で連れ帰って好きにかわいがれという悪魔。
飼い主を見つけるまで部屋に入れずにマンションの下で世話しようという天使。

どれも作中で選択はされず、聞き手に任せるかたちになってます。


さすがに天使は予想を裏切らないフンワリ感で、すごい癒されます。
そして悪魔はS系というよりややワイルド寄りのツンデレさんですかね?
ふわっふわクリーミーにちょっとだけのビターが混然一体となって
それはもうまろふわラテのよう。

そんな良き声で、いろいろステキな台詞もあったのに、
最後まで聴いて残った感想はひとつだけでした。
むしろそれで他の全部がとんでしまいましたよ。
イヤァァアア!! そんな優しい声で、
かめゼリーをすすめるのはヤメテェェエ!!!

鬼灯さまの(脳)みそ汁はきっと笑顔で飲めるけど、
かめゼリーは無理! 一瞬ライトさまのキャラソンの台詞
「許してもらいたいわけ?」が頭をよぎったCDでした。
でも好きだ!!

ありがとうございました。




       
作品タイトル か行 |トラックバック(0) |コメント(0)

プロフィール

シカピ

Author:シカピ
数年前、とある美声にひと耳惚れし、
そのまま声フェチに、そして
ヤンデレに行き着きました。
同じ道を通った人、いますか?

真冬以外は年中花粉症です。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR