FC2ブログ

「終極のDolls 第6巻 フェイ」の感想です。ネタバレ

テーマ:乙女系CD - ジャンル:サブカル

紫水晶のフェイ


人形のカレに囚われるCD「終極のDolls」第6巻 紫水晶のフェイ
Rejetレーベルから2017/12/27に発売されたもので、キャスト鳥海浩輔さんです。
これは、アメジストと読むべきですかね?

いやーもうめっっちゃ久々です。
前回更新がいつだったか、自分でも忘れてました。。
パソコンを買い換えたり、身内の転職があったり、職場でストーカー事件×2が
あったりと、ほかの色々に気を取られてたら、いつの間にか取り込んだきり
聴けてないCDがたまりにたまってました。

が、その聴けてなかったものを消費しようと再生した、その1本目で
倒れそうになりまして、またここに書きに来ることになった次第でございます。

自分の中で鳥海さんの声と演技は鉄板以上に絶対的なんですが、今回は
もうもうもう・・・!ア-------‼‼ってなる♥
先に内容いきます。

コッペリア人形座のフェイはアジアンな美青年人形。
しかしほかの人形たちと違って、最初から魂を持ち動くことができた。
なぜなら彼は病気の娘に与えるために、大豪族が作らせた生き人形だったから。

病気の娘の優しい兄としての役を終え、あちこちの所有者を渡り歩いて人形座に
引き取られ、今回のヒロインのもとへ。
その目的は人間と生活し人間の心を理解するため、団長が指示しているのだという。

公園デートや芝居見物、食事の用意など、どこにいても何をしていても、終始
優しい態度を変えないフェイ。が、なんでしょう、しゃべりかたが、、
低めでフラットかつ独特の抑揚+粘り気が強くて・・いわゆる香ばしい人?
「湿気が多い日のジメジメした空気は肌にまとわりつくようで、なんとも気持ち悪くて
逆に好き」とかいうところが、私は逆に好みですが。

そんなある日、暴走する馬車の事故にあおられ膝を「ケガ」したフェイ。
血は出ないけど骨が見えるほどの深い裂傷を案じた彼女の涙に執着を見せるも、
破損修復のため、一旦人形座に戻る。

帰ってきたフェイのきれいな脚は、団長が付け根から新しいものに付け替えたらしい。
それができるのは、フェイが、生きた美青年から集めた部位で作られた生き人形だから。
彼女もフェイが作られた過程を聞いても、生き人形だからこその美しさに惹かれると
答え、フェイもこれまで出会った人とは違った反応に、彼女を特別な存在と感じ始める。

けれどフェイがその美しさを維持するために、定期的に鮮血を浴びるのだと知った
彼女は、おそらく破損修復の時点であえて目を背けた、「材料」となる存在を無視
できなくなる。

人形であり、最初から命を持たないフェイには理解できない彼女の「命=尊い」という
価値観。自分の一部となった青年たちは幸せなのだと語るフェイは、彼女が「小さな
価値観の違い」を気にするあまり彼を愛せなくなる事態を嫌い、彼女を自分の人形に
しようとする。

フェイの催眠術にかけられ意識をなくした彼女が目覚めると、そこはコッペリアの
地下室、フェイのコレクションルーム。
これまでにも、集めた魂で恋人?を蘇らせようと望む団長のために、大勢の女性たちを誘い
その魂を抜いて抜け殻になった体を自分の人形としてコレクションしていたというフェイ。

彼女をフェイと対になる人形にするため、異国風の衣装を着せ、髪を切り、
黒髪のかつらを頭皮に縫い付け、化粧を施し、催眠で動きを奪い、声を奪い、
涙は小瓶に集めて。
意識や感情は残したまま、生き人形として、そのうち老朽化対策処理?をするそうな。


なんですか、ここまで書いて読み返したらとんだ変態のようですが…
このキャラを「演りやすい」とキャストトークで鳥海さん、、さすがです!!

んー、さすがにもともと生きてない存在に命の価値を理解してほしいという
彼女の要望は所詮無理そうな話ですが、せめて生命維持活動=メンテナンス
として説明してみてはどうだろうと・・あ、でもそしたら老化して醜くなる前に
とか言い出すことになるのかな?

これはなんと言えばいいのか・・アレですかね?溶けたキャラメルが口の中に
こびりついた時の、ちょっとした不快感といつまでも続くねちっとした甘さ。
そういうのが耳の中に残る感じで、美声に微かな気持ち悪さが加わると
甘さの質が変化する感じで、なんともいえないその妖怪チックな魅力は、
フェイのものなのか声力なのか…やっぱりア-------‼‼
めっちゃ好きですわー。

シナリオがいかにもリジェットらしくて、70ページ超えてたそうですが、
その分どっぷり空気感に浸れて楽しかったです。
聴けてないリスト1本目なのに、リピートしすぎて先に進めません…!

ありがとうございました!


スポンサーサイト



作品タイトル さ行~わ行・他 |トラックバック(0) |コメント(0)

「執着eye 2」の感想です。ネタバレ

テーマ:乙女系CD - ジャンル:サブカル

執着eye2

「執着eye 2」2017年6月30日発売のこちらは、
C&C通販の株式会社ブラックフラッグが運営するBULLETレーベルから
カナリアレコードへ移籍?した作品シリーズの第2弾です。

C&C通販トップページの業務縮小に関するお知らせ、および
カナリアレコード公式内のレーベル譲渡についてのお知らせを読んで、
勝手に色々憶測しながらステラワースで注文した今作ですが、
シナリオはC&Cのサイネリアその他の各レーベルでおなじみの
七原みささんで、CVは佐和真中さん。そしていつも以上のクオリティでした!
収録時間はキャストトークまで合わせて66分です。

あーーやっと感想書ける、めっちゃ言いたかったんです!
シナリオはヤンデレCDとしてはよくあるといいますか、流れとしては
CANDY CUBEレーベルで寺竹順さんが出演されてた「監禁男子~甘い檻~」と、
設定変えてほぼ同じかと思います。そこにホラーの手法をちょっと混ぜたような。
でも!でもでも!すごいんです…!

何がすごいって佐和さん!もー佐和さんが、佐和さんが…!
聴きはじめて10分ぐらいで、「佐和さん演技変えた?」って思ったんですが、
何が違うのか素人の自分にはココとは分からないですし、どこがと説明できる
気はしませんが、でも確実に今までと違う気がしました。

もちろん声の色ツヤも迫力のあるセリフも、今までどおりなんですが、
う~~あ~~、何て言えばいいのか、語彙が足らずにもどかしいー!

私にとって一番印象に残ってる佐和さんの演技は「その愛は病にいたる」の
春人役で聴いた、「何ができても手に入らない、誰もが当たり前に持っている
ものだけがそろわない」というセリフなんですが、あの時も、ものすごく
引き込まれる表現だと感じましたが、今回は表現してるというより憑依してる。
しかもこれまでの表現力に上乗せする形で。
結果、引き込まれた後、逆に引き出される、ように感じられました。

ただちょっと惜しいと思ったのがキャラ絵の、ジャケ絵ではなく公式でも
見れますが中の絵ですね。私にはちょっとコミカルすぎるように見えます。

私はいつもこの手のCDを聴いてるとき、ヒロインの気持ちになるというより
美声を楽しみつつ彼と彼女のあれこれを横で聞く気分でいますが、
今回は佐和さんの熱演で、何ともいえない不気味さや、夏向きのゾっとする
恐怖感を体感できました。まさにヤンデレの真髄。
あれです、怪談話を起こった現場で聞くような臨場感です。
これは聴いてみないと分からないんじゃないかと思います。

なので白い状態で聴きたい方はここまでにしていただきまして、
以下はネタバレです。多めに改行します。

































トラック1:目覚め
見知らぬ部屋で目覚めた彼女に駆け寄って抱きしめ、先輩と呼ぶ彼・橘千紘。

  確かに、かわいらしげな後輩感のある声です。
オフィスの階段から足を滑らせたショックで記憶が一部飛んでいると
説明され、状況は分からないが彼の名前や会社のことは覚えているらしき彼女。
けれど苗字呼びした彼女に千紘は、2人は恋人同士で、その部屋で同棲して
いたのだと告げる。
「事故」があったのは彼女の誕生日だったようで。

トラック2:均衡
会社では別チームで働いていた2人。
保科という先輩男性社員から度々お菓子などをもらっていた彼女に、付き合って
いるのかと冗談交じりに確認する千紘。兄と妹のような関係だと答えた
らしき彼女。
彼女の誕生日の祝いにランド行きを提案する千紘に、コンペで企画が通った
お祝いに保科と食事をする約束だという彼女。
その席で保科に告白されたら?という千紘の問いに、それでも否定した様子。

トラック3:視線の先
親しげに話しかける保科と彼女の会話に、参加して様子を探る千紘。

  ちなみに保科役のCV冬ノ熊肉さん(笑)って、思わず公式で「ジビエ」って
  ルビがどこかにないか探してしまいました。

トラック4:嘘
けれどその誕生日には残業で食事の予定が潰れた彼女。
保科からの電話に、思わず千紘のいるオフィスから走り出た彼女は、予定が
潰れたことが残念すぎて泣き出してしまうほど。
保科に慰められ、通話を切った瞬間、耳元に聞こえる千紘の冷たい声。
「うそつき」

  これ第1のゾワっ、です。
  そんなかわいめの後輩声なのに、ヒィッてなる、ヒィッって。

彼女が保科と付き合っていることを確信した千紘。
趣味も仕事も彼女に合わせて頑張ってきたという彼は、彼女のことを何でも
知っていると、日常の細かな行動まで並べ立てる。
その内容の詳しさに、そこから逃げ出さずにいられない彼女。

トラック5:拒絶~トラック6:劣情
消灯した廊下を逃げ隠れ、発見されて抵抗むなしく捕まる彼女に
これから自分の家で誕生日のお祝いをしようと言う千紘。

  この辺からのセリフは連続してゾワゾワしっぱなしです。
  行ったら二度と帰れない感があふれ出てます。

振り切って再び逃げ出し、どこかの室内に隠れた彼女を捜し回る千紘。
時計の音ともにそれをやり過ごし、さらに移動してロッカーのひとつに身を潜める彼女。

  あぁあ彼女それ違うよ!隠れるより距離をあける逃げ方でないと、ホラ
  靴でも片方放り出してそれと反対側に裸足で走れ!と思うほど、
彼女を捜す千紘の足音に、消え入るような泣き声と我を忘れた呟きが交ざる。
  ここんところはホラーによくあるあのパターンです。
  例:トイレの個室に隠れたら悪霊とか殺人鬼がここでもない、ここでもない、
  と段々近づいてきて、あーー、来る来る、もう来る、もう来るーー…!
「見ーつけた」
  ギャー!っていうあれ。この後の笑い声がまた秀逸で…
  ジャケ絵の眩暈のような背景は彼女が逃げ回ったオフィスの廊下だったのね。

身の危険に思わず保科の名を呼んでしまった彼女を、保科のデスクへ連れて
行き、(おそらく)縛り上げると、脅し混じりにキスを繰り返し、服を引き裂いて
強姦する千紘。

  想いを込め、歓喜と傷心、愛情と狂疾を行き来する千紘の声は次第に乱れ、
  止められない自分の行為によって、さらに乖離していく彼の愛憎が
  浮き出してくる感じがしてすごいと思いました。

トラック7:胡蝶の夢
「どうしてこうなちゃったんだろう」
か細い声で、意識をなくした彼女に想いを吐露する千紘。
どこか泣き声に似た笑い声が、哀れでもあり恐ろしくもあり。

トラック8:錆
すべて忘れて、誕生日をやりなおそうと言った千紘の言葉通り、彼との記憶を
失くした彼女。それは彼が使った薬物によるもので。
その空白に嘘の記憶を植えつけ続ける千紘。

けれど夢という形で記憶を取り戻しつつある彼女に焦り、再びのリセットを
決断した千紘が、眠る彼女に歌うハッピーバースデイ…

  それがまたうすら寒いやら切ないやら…!

トラック8:キャストトーク
「心がつらい」とお話で、千紘目線の気持ちが聞けるのが興味深く、
トークテーマは佐和さんの「怖いもの」でした。



続きましてステラワース特典「リセット」です。
執着eye2ステラ特典
こちらは14分弱です。

体調も回復せず食欲もない彼女。
まだ記憶のないふりをして病院へ行く機会をうかがっていたことがバレると、
千紘に攻められ、再び意識のない間に「リセット」される。
目覚めた時には自分の名前も思い出せない彼女を抱き締め、
「初めまして…、俺の愛しい人…」

  もうね、もうこの声ほんと、やばいですわ。

  そんな都合のいい薬、部分的に記憶を抜くような器用な使い方なんて、
  コカインでもヘロインでもメタンフェタミンでも大麻でも向精神薬でもムリ
  なので、そこは気にしてはいかんのでしょうが、ただもしそれが本当に
  可能だったら、使う彼のほうが先に壊れるんだなーと、分からせて
  くれる演技でした。ステキすぎる佐和ワールド、堪能させていただきました。
  すっごい楽しかったです!

お付き合いありがとうございました。


作品タイトル さ行~わ行・他 |トラックバック(0) |コメント(0)

「執着eye」の感想です。ネタバレ

テーマ:乙女系CD - ジャンル:サブカル

shuuchakueye

だいぶ肌寒くなってきましたね。
季節の変わり目で風邪を引いてる方はお大事に。
そろそろ服の入れ替えと布団の入れ替えとエアコンの掃除とか色々しながら、
購入またはレンタルで取り込んだきり聴けずに溜まっていたCDをひたすら
聴いてたら、いつの間にか広告が…。
長らく更新が滞っておりました。
やっと1コ書けます!

C&C BULLETレーベルから9月23日に出てた「執着eye」。
ステラワース特典はミニドラマCD「光のない部屋」
女性向けヤンデレなら全部聴きたいヤンデレ好きです。
シナリオがおれぼくシリーズの七原みささん。好きです。
声はリップ音が強烈な河村眞人さん。好きです。
予約しないわけがありません。


ネタいきます。の前に、こないだパソコンの前でウトウトしてて、数日後
ウチにコレが来ました。
pantarei
「迷蝶パンタレイ1 -捕われ人も共に安らかに-」
え、!あれ!?ってなりましたが、結果200GBにせまる私のライブラリでも
1、2を争う変態カップルになりました。

は、置いといて、今度こそネタです。



トラック1:視線
頼れる優しい上司・坂上浩介。
残業する彼女に指導したり甘いものを差し入れたりと甲斐甲斐しいです。

  もうこの段階でだいぶ近いし。
そして親切にする裏で、彼女の隠し撮り写真を眺めては1人でシテます。
コレクション部屋があるらしく、そこに彼女を加える日を目指しているようです。

  わー思い込み激しくてイイ感じに黒いですねー。

トラック2:2つの悩み
ストーカー被害に悩む彼女の相談に乗る浩介。
警察沙汰にしたくないという彼女のために、仕事帰りはしばらく送ってくれるという。
何かあったら夜中でも連絡して、とさりげなく連絡先ゲット。

  『疑ってなければ気づかない程度の微妙な白々しさ』という
  匙加減が秀逸ですね。
そして彼女に、恐らく一方的な別れを告げた元彼・亮。
そんな時は飲もうという浩介にカクテルを勧められる彼女。

  作中、浩介は元彼を「マナカ」という苗字で呼んでますが
  個人的に佐和さんしか思い出さないので亮でいきます。

トラック3:混濁
そのまま浩介と関係を持ってしまう彼女。

  え?あれ彼女?と思いましたがトラックタイトルがタイトルなので…。
  そしてやっぱりリップ音がすごいです。ダミヘがヒィっってなります。

トラック4:カウントダウン
元彼・亮に呼び止められる浩介。彼女も一緒にいたのか物言いたげに
引き下がる亮。
浩介との記憶がまったくない彼女に、誘ったのは彼女だったとさらっと嘘を
つきつつも追い詰めず、2人の秘密にするとイイ人ぶる浩介。

  この段階でもまだ『疑ってなければ気づかない』程度ではあるんですが、
  彼女そろそろ疑おう?
そして彼女のストーカーは身近にいるかもと言い出し、彼女を送る道すがら
「後ろからつけてくる誰か」から逃げるため、彼女を連れて走り出す浩介。

  ホラ、もうそろそろ疑おう?

トラック5:喚起
彼女のマンションを訪れドアをたたく亮。ドアを開けない彼女に部屋の外で
話す彼。亮の両親が経営する会社との取引を盾に、彼女と別れるよう脅された
らしい。それを浩介本人に確認したらしき彼女。

  いやさすがにそこは彼女もうちょっと気の利いた確かめ方を、というより
  元彼がすっかり信用なくしてたってことですかね?
  てことは浩介さんがお見事だったってことですか?

トラック6:本性
彼女に確かめられ、あっさり認めた浩介。彼女が自分のところへ来るなら
亮の両親を助けてやってもいいと持ちかける。

  バレたとたん通常モードのまま、何の裏表もなく開き直る浩介の
  黒さが一貫していてステキです。

トラック7:優しい上司
そして浩介の家まで来た彼女。

  特製ブレンドとか言われてるのに紅茶に口をつける彼女はいい加減どうかと…。
さらに亮の話がすべて本当だったことを笑いながら認める浩介。
加えてストーカーの犯人は亮であり、それは浩介の脅迫と指示によるもの
だったと告白され、そこから逃げ出そうとする彼女。
もちろん薬物で立つこともできないまま、目覚めた時にはトラック9へ。


トラック9:キミだけを
件のコレクション部屋へ無事コレクションされた彼女。手錠に拘束され、
やっぱりすごいリップ音と酸欠になりそうな美声が囁く「ずっとこの日を
待ってた…」
が破壊力抜群です。
  美声がステキすぎてもう全然ストーカーでOK!ってなります!

トラック10:キャストトーク
最初に『浩介』で入ってくるご挨拶の声がほんと-ーにツヤッツヤでステキ
すぎます!
最初に脚本を読んだ時「怖っ」と思ったとお話でしたが、本性トラックには
「愛執」と「妄執」に境目がない感じの笑い声とかあって、やっぱりすごいなーと
思いました。
お題はコレクションしているもの、苦手な・怖いもの、でした。


特典「光のない部屋」
shuuchakueyetokuten

こちらは浩介の意に沿わないことを言ったらしき彼女を、彼女が嫌いな窓が
ない?(照明がないと真っ暗)部屋へ連れて行ってのお仕置き
ですが、普通に
ただのご褒美なパターンです。もしかしてリップ音以外でここが一番声が
近かったかも。つまりダブルご褒美ありがとうございま--す!
「間違っても、俺から逃げようなんて思わないで?
一生、放さないよ…」


あ、でも浩介さんは「会話してるようで実はしてない焦点合ってない」タイプの
ヤンデレではなくて、「彼女のことは見てるし同意でないのは分かってる、けど
ねっとりが止まらない」タイプの方でした。イイ!


そういえば先月DL販売でparasite gardenさんの「砂上の監獄」も聴いたので
時間があったらそっちも感想書きたいですが。あーあとアレです。
「椿の堕ちる日」の安元さん声がステキすぎたって話も結局書けずに
4ヶ月以上過ぎてるんでした…。
でも今月はヤンデレいっぱいで楽しいですね。などというのもちょっとどうかと
思わなくもないですが、楽しさはどうにもならない!

あとうた☆プリ♪4期も笑ってます!4期ともなると気のせいでしょうか何だか
「美男高校地球防衛部」と同じ空気を感じます。
大の字になってツッコミを待つ八面六臂のボケ倒しって感じが。
でもカルナイの単独ライブにキャパ5000は少ないですね。せめて10000は
超えればいいものを。それと亜人のPVめっっちゃカッコよかったですね!

というところで、次は月末に出る「侵食レンアイ」シリーズと
「その愛は病にいたる~HARUTO~」をお待ちしております。


お付き合いありがとうございました。








以下コメント返信です。 続きを読む
作品タイトル さ行~わ行・他 |トラックバック(0) |コメント(0)

プロフィール

シカピ

Author:シカピ
数年前、とある美声にひと耳惚れし、
そのまま声フェチに、そして
ヤンデレに行き着きました。
同じ道を通った人、いますか?

真冬以外は年中花粉症です。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR