FC2ブログ

「明治吸血奇譚 月夜叉 睦月の巻 錠々幻斗」の感想です。ネタバレ

テーマ:乙女系CD - ジャンル:サブカル

月夜叉4

Rejet作品おなじみの鳥海浩輔さんです。
むしろ彼なくしては始まらない気がします。
いつもありがとうございます。


風邪がなかなか治らずテンション低めですが、パソコンも風邪のバイキンだらけ
ですが、今回も2枚組みで長いですが、よろしくお付き合いください。
うがい手洗いを欠かさず除菌ウェットを持ち歩き、インフルにもノロにも
罹りませんが、湯冷めしました…。
冬のマラソン大会とか学校であって、どうしても今日中に熱を出したい方!
私は湯冷めをおすすめします!!


ではネタバレいきます。



さらわれて来た黎明館で目覚めた彼女。
は、これまでと同じパターンです。

大仰なほど居丈高に幻斗さん登場し、ひと通り彼女に状況説明。
夜叉のために卑弥呼の末裔の血が必要だと告げ、血を試させろとまずは
ひと噛み。
最悪にまずいようです。
人間の血が嫌いな幻斗さんはいつもは動物の血を摂っているそうです。
「気色が悪くて殺すほど吸う気にはなれない」のだそうで。

一人になると早々に逃げ出そうとした彼女は、幻斗の使う狼たちに
追い詰められ、あっさりつかまる。
「この極寒の中、俺に迎えに来させた上、
足をひねって歩けないだ?」
「痛くないと思えば痛くないはずだ。」

  いや無理だろう。と思ったらやっぱり彼女も無理でした。
「根性のないやつだ。」
  すみません。(小林由美子さんのシロさん風で)
「こんな足場の悪い雪山でまんじゅうのような女を
抱きかかえるなんて」

  重ね重ねすみません。

足が治ったら町へ食料の買出しへ行くから来いと言う幻斗。
トイレ待ちは1分です。
  短っ!本当に心底めんどくさそうですね。
 子供のころ、近所の男子の立ちションを見て、あの便利そうなホースみたいなのを
  買ってくれと親にねだったことがありましたとさ。
  駅前のスーパーにはなくても百貨店とか行けば500円ぐらいであるだろうと…。


食料は幻斗の分と合わせて二人分買えということですが、幻斗さんゴハン
食べるらしいです。しかもずっと寒い寒い言ってます。
ただしネギは食物とは認めないそうです。嫌いなのに買うなら、
「俺の目に付かない場所へ保存しろ」というほど嫌いなのに
「ここまで言っているのに買うのか。嫌な女だな。」

ついでに彼女に買い与えた金魚を幻斗の自室に置くので、世話をしに来たら
「ついでに血を吸ってやる。」そうです。
  まずいのに?なんか申し訳ないですね。

帰り道、幻斗さんは春になったら、人間に戦争を仕掛ける予定だと彼女に
告げる。
「黎明館にいる夜叉6人で北海道にいる人間を制圧し」
  んん!?
「いずれは日本全体を支配できるだろう。」
  いや明らか無理だろうよ!!
  なんだか厨二っぽいこと言ってますが、幻斗さんは本気のようです。
代々夜叉を統べる錠々家最後の生き残りとして、虐げられたる夜叉の歴史を
晴らし、理想郷を創りたいと語る幻斗さん。

彼女が金魚に餌をやりに行くと、幻斗さんは風邪をひいてるそうです。
雪山へ逃げた彼女を捜しに行ったせいで。
「霧乃助に薬をもらって来い」
「飽くまでおまえが風邪をひいたということにして」

  んん?夜叉なのに風邪?人間の彼女がひねった足も治った頃に?
  しかも霧乃助に?彼女仕様で?ツッコミどころが多すぎて
  次のセリフが入ってこないよ!?

彼女が鍋を作ると、用意が遅い、野菜がかたい、味が薄い、食材の大きさが
揃ってない、人間と食うのは気色が悪い、すき焼きがいい、ネギが邪魔だ、
など延々と延々と文句が続く幻斗さん。
ネギは身体によいと説く彼女。
「おまえはネギの信者か」
  でも1日2食はちゃんと食べるんですね?
それでも両親をなくしたばかりの彼女は、誰かと囲む食卓が嬉しいようで。

金魚のかわいさをわかってもらうために、エサをやってみるよう幻斗さんに
すすめる彼女。鉢をひっくり返した幻斗さん。
「許せ、金魚」
「おまえが全部悪い」

「少しは俺のせいでも…すまん」
  いや金魚は無事でしたが何ですかこれ、ネギ信者から笑わせに
  きてるんですか素直かわいいってか子供がいますよ。
  少年を残してる、のではなく、コドモのまま大きくなった、でもなく、
  育つのをやめた子供がいます。うっとりするようなステキな低音ですが
  それは立派なお子様感なので次のゴハンはお子様ランチに旗立てて
  あげましょうかね。

部屋に来たついでに彼女の血を吸ってみると、彼女の気持ちを映して味が
変化してきたらしいです。
そのまま倒れた彼女を部屋へ運ぶ幻斗さん。思うところもあったのでしょう。
「人間と夜叉の情か。…馬鹿馬鹿しい」

目覚めた彼女を連れて夕方の町へ買出しに来た幻斗。
混血児を見かけ、ああいう子供が時代を変える架け橋になるだろうと言う彼女。
けれど幻斗さんが語るのは、合いの子であることの苦労であり。
「どんなに願っても、叶わないことというものはあるんだ」
「幸せなんて、いつまでも続くわけはない」

  体験談ですね。
  ああー、そこか。そこで何かあって成長が止まったんだね。

短時間の別行動で数人の男に絡まれていた彼女。
迷いなく刀で斬り捨てる幻斗を彼女は止め、一人を逃がしてしまう。
着物の襟首をつかまれたとき、見えただろう彼女の首の牙の痕で疑われる
夜叉の存在を、明治政府へ密告されれば館が襲撃されると言う幻斗。

「俺の両親がそうだった。」
「夜叉狩りにあって死んだ…!」

子供の頃、人間に混じって暮らしていた里で、殺された両親。
「俺はただ、夜叉を守りたいだけだ」

ここまでディスク1です。


以下ディスク2です。

「こんな暗い中、わざわざ山に出て何をしている」
「考え事なら部屋でしろ」

  まったくですね。
夜叉と人間のさだめを憂い、夜の雪山へ出た彼女を迎えに来た幻斗。
そんな彼女に幻斗さんは、子供の頃に両親を殺された夜叉狩りの話を聞かせる。
「人間は情に厚いふりをして、最後の最後に保身へ走る。」
「もうあんな思いはしたくない」


そして案の定、雪山で吹雪にあい、明かりが消え、滑落したらしき彼女を
追って、道を失った幻斗さん。
「ケガはしていないか」
  わあー、だいぶ優しくなってきたよ。
「ああもっと謝れ」
  呆れながらもやっぱり優しくなってきた幻斗さん。以前のような
  嫌悪も、いらだちも、もう音には含まれません。
抱きしめて体温を分け、彼女の冷たい手を案じる幻斗。

このシリーズは彼女のセリフをモノローグとして読んでくれる特徴が
ありますが、これほんとーーーに効果的でいいですね。
どの役者さんも本当に自然な感じで、淡々と切々と、を基本に
キャラによってはさらに飄々と、または今回のように清々と語ってくれるのが
聴き所のひとつだと思ってます。

幻斗を決して裏切らないと言う彼女に、一生をかけて証明してみろと
囁く声は、幻斗自身の信じたい気持ちと、子供のままの不安な部分と
自分の中に存在するいくばくかの情愛をそのまま映したような、
名状しがたい響きがありました。

幻斗の部屋で目覚めると、すき焼きとデコピンで彼女を迎え、まだ熱のある
彼女を抱きしめて眠る幻斗。
「もう二度と、俺によけいな心配をかけるな。」
  眠りに落ちる穏やかな時間と、穏やかな声音がなんともいえないですね。

狼たちの声で目覚めると、館に迫る政府の討伐隊を一人で迎え撃つ幻斗さん。
その後を追って出てきた彼女をかばい、胸に銃弾を受ける。
  お約束とはいえ、彼女…それ邪魔ですよ!足手まといですよ!
  確かに出てこなきゃドラマにならないですが、こういうシーンでの
  ヒロインの行動は、常にツッコミいれてしまいます。

彼女に差し出された血を吸っても回復できず、風邪をひくのも、
食事をするのも、自分が夜叉と人間の合いの子だからと告白する幻斗。
「俺は結局、何も成し得なかった」
  ここんとこすごいです。こう、どう言えばいいか、劇的ではない、
  んですよ。でもじわりじわりと血が滲むように想いが滲む、というか
  演じてるのが怪我人でないってことを最初に忘れ、
  次にキャラが人間でないことと、あることを両方忘れ、
  後悔も幸不幸も、それまでに負ってきたものをそぎ落とされた想いの果てに、
  最後に残るのが架け橋となる希望。
  それをもたらすのは、彼女の血と信頼であり、かつての彼自身の祈りであり、
  それらはどうしても手放せない愛となって彼を癒し支え上げる。
  やーよくできてますねぇ。
「目が覚めるといいな…、俺も…おまえも…」

これまでは3作とも死にそうで死ななかったので、今回も助かるだろうとは
思ってましたが、やっぱり助かりました。
むしろCD後に一番死にそうなのは前作の躁さんたちですね。
戦争を起こすのはやめて、共存への道を模索しようとし始めた幻斗さん。
大人になったね。(そして小林由美子さんのシロさん風で。)


ところで、吹雪の音と死にそうで思い出したんですが、昔家族と舞鶴の
引き揚げ記念館へ行ったとき、ソ連兵への恨みつらみを呟く日本兵人形とか、
日記、手紙、絵などの展示物のなかに書が一服ありまして、
「愛に勝つものなし」と書いてありました。
耳にするだに恐ろしいシベリア抑留の地獄を行き抜いた人が言うなら、
それは間違いなく世の真実だろうとそのとき感じました。

ええ、この場合関係ないかもしれませんが、愛は偉大ですね。
幻斗くんも立派に成長したし、愛なくして何ものも育ちはしないですね。
愛と美声は世の正義です!!

キャストトークはすき焼きと北海道のグルメに満ちてました。
霜降り肉が苦手な方には牛フィレか良いモモ肉スライスがオススメです。

ああーー今回も大変楽しかったです!
次も楽しみです。
長々とお付き合いありがとうございました!




スポンサーサイト



明治吸血奇譚「月夜叉」 |トラックバック(0) |コメント(0)

イラストっぽいもの描いてみました。

テーマ:イラスト - ジャンル:サブカル

仕事先で3人まとめて退職者が出ました。
忙しいなと思ってたら風邪ひいて1週間たおれました。
気がついたら広告が出てしまってたので、ずっと前にかいてみた絵でも
載せてみます。
A4×4枚サイズでスキャン時の色段差があります。
大きい絵ってバランスが難しいことを初めて知りました。
黒髪アリスで今身長が110か120cmぐらい?のつもりです。
手はネコとかイモムシとかの代わりです。

わかってます!!色々不具合が多いことは分かってますから!!
どーーーか!!生ぬるくスルーしてくださいいいぃぃぃ!!!!

今110cm





描いたり作ったり |トラックバック(0) |コメント(4)

プロフィール

シカピ

Author:シカピ
数年前、とある美声にひと耳惚れし、
そのまま声フェチに、そして
ヤンデレに行き着きました。
同じ道を通った人、いますか?

真冬以外は年中花粉症です。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR