FC2ブログ

「Villain 3 The fantasy of beast」の感想です。ネタバレ

テーマ:乙女系CD - ジャンル:サブカル

villain3 hte fantagy of the beast


HOBiGIRLSさんから出てます、Villainシリーズの3作目です。
悪役特化、つまり<悪い男は魅力的>というコンセプトのシリーズです。

キャストが左高蹴(ひだりハイキック)さん。
公式でその名前を見たとき、斧爆弾(アックスボンバー)さんからの流れを
7割ほど確信しました。
が、一族が増えたのかも、と視聴を待ってみたら3文字でビンゴ。
この声はどんな時も最優先で予約してますワッフウゥゥウ~~~~!!!!

ジャケットに描かれた憂いのあるマッチョ。月を映す水面には、精悍な彼の
本来の姿が映っています。オオカミ犬に似てると思います。カッコイイ。
陰影とハイライトのコントラストがもう少し強ければもっとカッコイイ。
あ、でも特典ディスクのレーベル絵はもふもふ+ツノあり犬面人でした。

そして名前が凶津マガツ。
意味としては単に「不吉な」ってことだと思うので、荒魂生まれの荒神さんに
人間がつけたあだ名のようなものでしょうか。
もしかして本名を聞いたら「ニギハヤミコハクヌシ」っぽい何かがありそうな…。

結果的に全然ワルモノじゃないどころか、徹頭徹尾やさしい和魂さんでした。
悪役特化といより、今回は悪役に甘んじる人?いや本人はそんなこと何も
問題にしてない神様です。


ネタいきます。


錫杖の音や経文を唱える声、鎖を掛けられ、村人たちに送られ、山奥に住む
鬼神のもとへ雨乞いのための生贄として捧げられた彼女。
それを迎える獣の唸り声。
「俺がこの山を住処にしている神だ」
  はぅぁっ!ワイルド…!!ってこの声低めっていうより、なんでしょう?
  うちの近所のケンタ君(柴・6才)の真似をするとき、喉の上半分をつぶす
  イメージで吼えると似てくる気がするんですけど、素人の憶測ですが、
  この獣声ってそんな喉半分つぶした感じの状態で人語をしゃべってませんか?
  もしそうなら器用すぎます…!

望まない生贄を迷惑がりつつも、彼女の鎖を解き、逃がしてやるという
鬼神様。
けれど生贄の役目を果たさずには帰れないという彼女を社へ招き
ほとぼりが冷めるまで置いてくれるという。
「甘い血のにおいがしている」
彼女の足の怪我を見つけ、風呂、というかキズに良い温泉?をすすめてくれる。

けれどお風呂後、いきなり脱ぎ始めた彼女の意図を誤解した鬼神様。
「潤んだ瞳が美しいな」
  なんでか、そこはいっそざっくざくに穴開いて血しぶく勢いでお願いします!
  って思いました。

殺してくれと言う彼女から手を引き、人型に化けた凶津。
これまでにも生贄を殺したことも食べたこともなく、いつもしばらく屋敷へ
置いてから別の村へ返していたそうで、命を粗末にするなと諭し、
そこにいる間は、と加護を授けてくれる。

翌朝、彼女の朝食に付き合ってくれた鬼神様。
屋敷を案内がてら、甘味代わりに花を食べたり、彼女の髪に花をさしたり。
庭に咲くリンドウから向こうは結界の外で、彼女には危ないので出ないようにと
いう凶津。
「人間は笑っているときが一番好ましい
もっと笑っていろ」

  人間好きの、ちょっと寂しんぼな神様の、思いやりある不器用感に
  彼女への好意が微妙に混じっててイイです。

山の麓で開かれている都びとの催しや、村祭りの市が立つのを見た彼女。
久しぶりにと連れて行ってくれる凶津。
奉納舞を見物したり、人ごみに流される彼女の手を引き、お土産まで買って
くれる鬼神様。
  ほんとに優しい神様ですね。癒されるわ~。

彼女に惹かれる自分の気持ちを、それと気づかず吐露する凶津の言葉に
赤面する彼女。
店でおまけにもらった根付が神気に当てられ九十九神になったそうで。

毎日、色々な種類の花を摘んで食卓に出す彼女。
それを食べるうちに、青い小さな花が気に入ったと、味の好みが出てきた凶津。
食べ終わったら、他の社を見に行くと話しながら、もう人の願いを叶える気は
ないという。けれど彼女をのような者まで見捨てるほど薄情ではないという彼に、
身を寄せて気持ちを告白する彼女。
「その気持ちは、仮初めだろう」
「山を下りれば」「すぐに忘れる」

  いいんですいいんですよそれで…!恋は仮初めと申します。
  すべからく、むしろ仮初でこそ恋なんです…!

凶津に化けたモノノケに誑かされ、結界から1歩踏み出してしまった彼女。
食われかけたところ、九十九神の鈴の音に呼ばれて帰ってきた凶津に
救われる。
弱すぎる人間の身を守りたい、神の眷属になればという凶津。
「いっそのこと、俺のつがいになるか」

何日も部屋に閉じこもり、彼女を人里へ帰そうとする凶津。
諦めて屋敷を出た彼女を凶津が見送りに出ると、
雨が降らないのは彼女が生贄の役目を果たしていないからだと
彼女を責めにきた村人たちと遭遇。
「塵にしてやろうか」

けれど彼女の制止を聞き入れ、彼女を巫女として崇めるようにと言い置いて、
村人たちを追い返す。
彼女が望むなら、もう二度と旱魃は起こらないだろうという凶津。
「幸せに暮らせ」

それでも村に帰りたくない彼女。
「恋」「そんな言葉があるのか」
「身を焦がすような…?」

  ええそうですとも恋に焦がれて鳴く蝉よりも鳴かぬ蛍が身を焦がすんですとも。

「俺の、この気持ちも、恋なのかもしれない」
「おまえを、俺のつがいにしたい」
「どんな望みも叶えてやる」

けれど凶津が閉じこもっていた間、ほとんど眠らずにいた彼女は、雨にぬれて
熱を出し、急に倒れてしまう。

3日後、やっと目覚めた彼女。
互いに想いを確かめ合い、繰り返し抱き合う2人。
  なんかね、健康的なエロシーンですよ。先に彼女の気持ちがあって、
  彼の気持ちが加わって、両想いの嬉しさ愛しさがあって、穏やかで幸せな、
  セリフが若干実況中継的な、そんなシーンでした。そして思いました。
  この神様これまでにも生贄の人と関係したことが複数ありそうだと。

エピローグ。そして彼女は無事に神の眷属となり、優しい優しい鬼神様と、
いつまでも幸せに暮らしましたとさ。

アナザーエピローグ。彼女を人の世から切り離すことは忍びなく、
手放すことを決意した優しい優しい鬼神様は、巫女として暮らす彼女の幸せを、
いつまでも見守ってくださるのでした。
  個人的な好みなら、こっちの声のほうが断然好き!!
  彼女が摘んできて味が気に入ってた青い小さな花は勿忘草なんじゃないか
  と思うぐらい。
  結界の端に座った指先に勿忘草を摘みながら、里の様子を見守る情景が
  目に浮かびます!
  昔の歌じゃないですが、まさに愛しさとせつなさと心強さとです!

  この方の泣きの演技が大好きで、特に哀を含んだ怒、怒を含んだ哀の
  演技が絶品だと思っているので、こういう切ない優しさみたいなのも、
  その演技の枝先にある感じがして、とても心に残ります。

あと特典CDは、神集会で酒(お神酒になりますか?)飲みすぎた凶津。
犬面人状態で彼女を巻き込み二度寝推奨。からのエロシーンですが、
慌てて人型になったせいで、あちこち獣型のままだったとか。
  これは…、パーツ獣姦?ある意味新しい?って、一瞬ちらっとケモノ声が
  混じるのは果てしなくセクシーですが、すみませんこっちが犯罪者ってか
  動物虐待の加害者になった気が…。
  確かに好きなら異種でも人外でも、と思うのは女特有かもしれませんが。

ちなみに特典SSもそんな半獣姦な感じでしたが、冒頭の一文の
「お前は俺の毛並みが目当てなのかと、時折本気で心配になる」
というのを読んだ瞬間、当たり前じゃないですか!と思わず言いそうになりました。
もふもふがあるならモフらせるべきでしょうよ。

あ、もふもふの人外獣耳といえば、これもおすすめです。
箱詰めCD狐
キャストは森川智之さんで、神社の狐で、偉そうじゃないのに厳かで、
人ならぬ品位のある感じが文字通り神々しい、でも決して大社の主神ではない
地元神社の根付きの神様って雰囲気がよく出てて、澄みきった空気感とともに
年単位で何回聴いても飽きない声色です。

今、急に思い出したんですが、以前にマヤ文明かシカン文明展みたいなのを
黄金のマスク目当てに見に行ったことがありましたが、そこには生贄の
心臓を置く用の石像とか、生贄になった子供のミイラとか、生贄の頭骨を
横に何個も連ねて串に通してあったりするのがありました。

しかも10歳にならない少女が生贄になるために1週間かけてアンデス登って
自らコカとチッチャで血圧下げ死ぬとか…。それが村の希望であり彼女の誇り
だったそうで。

そういえばマヤ・アステカの神で有名な<羽毛の蛇ケツァルコアトル>は
実は愛と慈悲の神なので、血の生贄より、花や羽飾りの奉納を喜ぶとかいう
神話があったと思いますが、今回の鬼神様もそんな血生臭さのない方で
良かったです。むしろディアラバ聴きすぎてる自分の想像の方がよっぽど
血みどろでしたよ…。

あー、でもやっぱりこの美バリトン、どーーしても好きですわー。
今回もほんとにほんとーーーーーーに!!良い声でした。

けどこの声の羊カウント聴きすぎて、それ以外でもこの声を聞くとなんだか
安心してしまう自分に気づき、自分でドン引きしました…。

いや、仕事のストレスだか何だかで入眠困難になってたときに、羊CDで
治してもらってから常時それに頼る癖がついてるようで…で…。
自分でもどうかと思うけど、なら聞くのを止めとこうかと考えるとそれは無理…!
絶対ムリムリムリ!もうあとは開き直るしかないですかね。
今さら美声のない人生は生きられませんから!

関係ないことまでつらつらと書いてしまいましたが、楽しかったです!
ありがとうございました!



拍手くださった方、ありがとうございます!
自分で自分にドン引いてもやめられない美声っておそろしいですね~。
スポンサーサイト



作品タイトル あ行 |トラックバック(0) |コメント(0)

「鬼灯の冷徹19限定版」の感想です。ネタバレ

テーマ:男性声優 - ジャンル:アニメ・コミック

鬼灯の冷徹19限定
鬼灯の冷徹19限定DVD

OAV連続3巻刊行も今回で終わりました!
ああああああほおずきさまああああ!!!!
ぎゃっふーーーーーー!!!!

で、2期はいつ!!??


19巻も本編また面白かったです!

待合室で自分の死因を盛る暫定地獄行き亡者たち。とか、

唐瓜の姉ちゃん(甜瓜テンカちゃんって名前初めて聞いた?覚えてないだけ?)が
縁談を全力拒否。で鬼灯様のアドバイスは推測以上に的確だったり。
とか

何でもできる<勉強の国の妖精>ミキちゃんが意外と料理ベタ。
マキちゃんの針口虫キャラ弁がかわいい!今度やってみたい!
とか

伝統と欧米化の境目にさまよう和風。「用法・用量を間違えて使いましょう
さすればどんなものも危険物に」と語る、茄子の目がイイ!
とか

カーラーでアニーになった一子と二子もかわいいし、自分でも意外なほど
漢さんが好きな自分に気づいたり、初めてシロさんにビビったり、自動深爪機
とか、小判にゃん張り込み姿がすごいカワイイ
とか、
19巻も何ひとつ衰えません!裏切りません!が!!

個人的に、新キャラ瓜子姫と天探女アメノサグメが!!
「大好物は炎上です」って…!すごいインパクト!って鬼灯様!!頼むから
瓜子姫とアメノは別部署にしてあげて!!って思いました。
挙句「鬼灯様がぁ~~~どうしてもってえ~~~追ってきて~~~」などと
矛先が自分に向こうと、虚言癖でさらっと片付けて「亡者に限りない
ストレスを」って!まさに冷徹!!まさに鬼!!
わかってます地獄では強くてなんぼなんですよね!?
この回の扉で瓜を日本刀で両断する鬼灯様はむちゃくちゃカッコええ!でも!
頼むから瓜子とアメノは別部署に…!!

の160話が1番印象に残りました!

で、DVDの方は、絵がヘタすぎる白澤にデッサンを習わせようとする回で、
茄子入賞の展覧会会場でケンカし始めた白澤様と鬼灯様。
鬼灯様と腕力で渡り合える白澤様はやっぱり神獣ですね!
画板を貫通する鬼灯様の右ストレートが今回自分にとってのハイライトでした!


剪紙成兵術で白澤様が出した猫好好と、茄子が出した ねうねう(そんな
わかりやすい名前!?)が野外アート展示場を踏み潰す回で、
猫好好が堀内賢雄さん!?ねうねう小山力也さん!?
予想の範囲外の美低音で「にゃん」
とか!びっくりしましたよ!!

普通のにゃんこの鳴き声の変化形ぐらいしか思いつけなかった想像力の
なさがスミマセン!って感じです。そしてねうねうがめっちゃ可愛い!
あ、でもラストでもののけ姫のデイダラボッチよろしく全てを踏み潰す巨大
猫好好は原作になかったですよね。

特典映像は先行上映会の楽屋トークで、安元洋貴さん、遊佐浩二さん、
平川大輔さんでした。あれ?見たのに本編読んだら内容忘れましたね。
猫好好BOXから引いたのが展覧会と芸術テーマだったのは覚えてますが。
すみません…。

関係ないですが、昔まだ声フェチでもなくアニメも大して見てなかった子供の頃、
クラスのアニメ好きの子に、声優の人って男女問わず自宅では裸族で、
しかも大きい鏡をいたるところに取り付けて毎時定期的に自分チェックするとか
聞いて、大人になるまで信じてたことを、甜瓜ちゃんのお見合い話の裸スタンスで
思い出しました。

ところで、OAD付き限定版3巻連続刊行を勝手に記念し!
お香さんとマキミキの勝手なイメージでかんざしを作ってみました!
何の使い道もないけど!材料プラバンですけど!
前回は屎泥課めざしてうんこチョコでしたので、今回はこぎれいにしようと
頑張りました!

これお香さん!
プラバンかんざし1

これマキちゃん!
プラバンかんざし

これミキちゃん!
プラバンかんざし

よし気が済んだ!
やっぱり大好きなキャラと大好きな美声の組み合わせは最高です!!
2期を熱望してます!!
もうすぐ「Villain3」もくるし、「まずどこの御家庭の冷蔵庫にも余っている
亡者の頭部を…」ってセリフを安元さんの美バリトンで想像しながら待ってます!!

ありがとうございました!!

鬼灯の冷徹 |トラックバック(0) |コメント(0)

「お天気戦隊ハウウェザー~時を駆けるヒーロー」の感想です。ネタバレ

テーマ:乙女系CD - ジャンル:サブカル

ハウウェザー10

夏です!お天気戦隊です!時を駆けるヒーローです!
オリコンデイリーランキング17位だそうで、おめでとうございます!!

お盆を過ぎたらちょっとだけ気温が下がったようですが、暑いものは
暑いですね。
でも毎年、夏と冬に出るこのシリーズは欠かせない楽しみの一つです。

シリーズ10作目の今回は、作中に登場するアメのセクシーブロマイド
(全4種中ランダム2種)がついてます。
うちにきた2種はこれとこれでした。

アメのブロマイド1
アメのブロマイド2

素敵にキモチワルくていいですね!
これで上がりたくはないけど微妙にテンションあげさせられる、さすがの
アメです!!
あとの2種はどんなだったんですかね?


以下ネタです。

2次元の嫁を現実のものにするべく、クモリが作った次元移動装置。
その誤作動に巻き込まれ、次元ではなく時間を移動してしまったハレとライ。
二人が飛ばされた先は、若き日?のユキとアメが、そして過去のクモリが
いるヒーローアカデミーの学び舎だった。

限られた条件下でのみ可能な、現在のクモリとの通話で状況を知った
彼らは、それぞれの場所で元に戻る手がかりを探すこととなる。

しかし過去でのハレとライの言動がきっかけとなって、現在の状況が一変。
ハウウェザーは人々の記憶からかき消され、ユキはアメや、ヒョウ・アラレと
共に活動するヒーロー組織の長官となり、タイフウは小料理屋の男将に、
ハローとノームはクッキング番組を、そしてクモリは男の娘アイドルまよよ
のマネージャーとして活動することに。

未来を元に戻すべく奮闘するハレとライ。
そこに現在へ戻る方法を見つけたクモリから連絡が。
隕石接近で誤作動した次元移動装置。そこへそれ以上のパワーを一気に
ぶつければ逆転換が起きるはずだと。
しかしチャンスは一度限り。失敗すれば二度と戻れないその賭けを、
ハレとライはヒーローアカデミーで学びなおした正義のココロで決意する。

まよよのライブに集まったオタクの叫びパワーと、記憶は失ってもどこかに
物足りなさを抱えていた現在の仲間たち、全員の必殺技が炸裂するとき、
奇跡は起こるのだ。


というストーリーで、今回も笑わせていただきました。
過去でも現在でも、アメとユキのMボケとSツッコミは安定してますし、
そして井口祐一さんのまよよが相変わらず凄すぎます…!
フフッ・・・フフッ・・フフフッ・・・・・・ってヘッドフォンして一人でニヤつく
のはいつものことで、家ではもう誰も気にもしていません。

あと今回はハウウェザー以外の人たちの必殺技も聴けました!
とりあえずハウウェザーのメンバーは前にも書いた通りですが、
ハレの「お日様さんさん、明るい明日になぁれ!サニーフラッシュ!」
ライの「響け雷鳴、輝きが俺の力になる!シューティングサンダー!」
今回お休みですので、
ユキの「純白の粉雪の舞を見せてあげましょう!雪月風花!」
アメの「スプラッシュレイニーシャワーブリリアントエキサイティングウォーターバズーカ!」
クモリの「私の心もあなたの心も曇り空、曇り空に響き渡れ。クラウディレクイエム!」
で、
タイフウ様が「インフィニットタイフーン!」
ヒョウとアラレで「エターナルスターダストアブソリュートゼロ!」
ハローとノームが「ヴァニッシング!」「ビーム!!」
ということでした。

アニメイト特典のミニドラマは、「新番組・ヒーローはBarに行く」で、
バーを舞台に全員でハレに偽新番組ドッキリを仕掛けるお話でした。

最後のキャストトークでは珍しく全員一緒の収録だったとのこと。
いつも思うんですが、このシリーズってキャストトークの地声の方が、全員
イケボなんですよね。
本編では努力して残念にしてる感じ?がするんですが、今回は残念なクモリの
しゃべり方で、うっかり監獄学園のガクトを思い出してしまって、さらに
ガクト→レイジ様→シュウさん→アメ に戻ってくるっていう流れを
作中で数回、脳裏に繰り返しました。

監獄学園。原作は読んでませんがアニメ面白いですね。
男も女も名だたる美声を片っ端から頑張って残念にする感じ、素晴らしいです。

このシリーズはほんとに安定して笑えるし、濃ゆい美声が盛りだくさんで
CD1枚聴いたら気が済んでしまい、次の冬をおとなしく待つ態勢に入ってる
自分がいます。
もしかして他の人もそう?だから広がらないってこと?
それでも続いてくれるなら何年でもついていきますとも。

というわけで、今回もありがとうございました!

お天気戦隊ハウウェザー |トラックバック(0) |コメント(0)

プロフィール

シカピ

Author:シカピ
数年前、とある美声にひと耳惚れし、
そのまま声フェチに、そして
ヤンデレに行き着きました。
同じ道を通った人、いますか?

真冬以外は年中花粉症です。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR