FC2ブログ

「狂愛カタルシス 輪廻~夢の終わり~」のネタバレ感想です。

狂愛カタルシス 輪廻 


久しぶりすぎる更新で、ご無沙汰いたしております。
その間にも様子を見に来てくださった方やコメくださった方がいたり、
その節はありがとうございました。
なかなかまとまった時間がとれなかったり、花粉に弱められたり、
去年に続き、花粉症の敵・緑道と空地のオオキンケイギクを駆除したり、
オオキンケイギク
駆除したり、駆除したり…。

してたら、蜜華レーベルからシリーズ第4弾のこちら
「狂愛カタルシス 輪廻~夢の終わり~」が5月8日に出てました。
1~3作目は皇帝さん、佐和真中さん「暁闇」、平井達矢さん「篝火」&
ワッショイ太郎さん「氷月」で、それぞれ2014年と15年に出てました。
狂愛カタルシス 狂愛カタルシス2
狂愛3篝火本編 狂愛3氷月本編

何だか久しぶりすぎてかえって落ち着き払ったトーンで書き始めてしまいました。
ネタバレ平気な方、よろしくお付き合いください。

三部作かと思ってたら出てきた第4弾は、タイトルとキャストさんである程度
予想がつきましたが、アノ続き、悪夢のような現実の続きに、生まれ変わって
決着をつけよう。レーベルさんからそう語りかけられたような(←気のせい)
タイトルだと思いました。

今回の舞台は現代とのことでしたが、聴いてみるとどことなく大正のカオリが
しますね~。

彼の名前は久瀬颯真(くぜそうま)。彼女は大学生で、生徒と臨時講師に来た
牧師として出会った二人は(ほんとに)あっというまに恋に落ち、結婚の約束も
しているもよう。

   牧師ってことはプロテスタントですね。口調が丁寧で、一人称・二人称が
   私・あなたってところも、生真面目さや俺様になれない穏やかさを
   表わしているようで好きです。ええ、好きです。

けれど彼・颯真は子供の頃から繰り返し、刀で人を殺す夢を見ており、
それが年々鮮明になってくるのだと不安に駆られ、苦しんでいるようで。

   ああ、あの辻斬り、強盗殺人の軍人時代のねー。

彼女と出会った日、うたた寝の夢から覚めた時、目の前にいた彼女に
無意識に「お嬢様」と呼びかけ抱きしめた彼。
その夢の話を打ち明けたのをきっかけに、仲良くなった二人。

   急に抱きついて迷惑をかけたお詫びに講師用控え室でお茶をって…
   狙ってたとしか思えないフシが…。

そして彼女の卒論は近代文学がテーマで、「篝火」と「氷月」だそうで。
   彼は彼女を恥ずかしがり屋だとのたまうが、あの2作をテーマにする
   彼女が恥ずかしがり屋だとは、どーーーしても思えないのは私だけ?け?

ある日、我知らずコンロの火に見入って立ち尽くし、動かなくなった彼に
慌てて火を止めさせる彼女。
これでもう苦しまなくてもよくなると、なぜかほっとしたのだと話す彼。

   あー・・・、まさに浄化というか、カタルシスの炎ですねー。
   そして最初からチラ見えしていた異常な独占欲と嫉妬心が
   この辺からより増してきてイイ感じです。

彼女が持っていた卒論資料のハードカバー本。それが件の「六波羅奇憚」
であり、内容を聞いて、さらに混迷を深める彼。

   そういえば、吉原で起きた悲恋の炎上事件を、実話ベースで小説に
   してたんでしたね、逢坂先生(cv平井さん)が。

   あ、いつだったか、吉原は遊女の足抜け目的に頻繁に火事出してたって
   話を時代劇で見たことがありました。それを思えば1作目の事件も
   探してみれば歴史の中には似たような事件はありそうで。
   あれが現実なら、いっそ本当に夢オチであってほしい遊女は山ほど
   いることでしょう。関係ないけど曽根富美子さんの「親なるもの 断崖」
   というマンガがオススメです。女郎の悲劇・闇の昭和史がすごすぎます。

   は置いといて、1作目では皇帝さんの鬼気迫る演技が素晴らしかった
   ですが、今作の彼の、夢の予兆と自分の中で何が起こっているか
   分からない感じで震える声も、聴いていて引き込まれますね。

そんな折、土砂降りの雨の中、彼のところへ駆け込んできた彼女。
彼女の来訪が遅かったことで心配していた彼に訊かれ、車に連れ込まれそうに
なり近くにいた警官に助けられたことを話すと、怒りに自分を見失い、腰に
下げているはずの刀を探して相手を殺しに行こうとする颯真。

いよいよ夢と現実の境目がなくなり二つの記憶に懊悩する彼。

   彼が見た夢の中には1作目の特典CD愛エンドも含まれているようで。
   ま、どっちも夢かと思ったら残念ながら現実でしたオチですが。

誰を殺しても苦しめてもと、彼女への思いと自分の狂気に怯える心の狭間で
二人が選んだ結末。
それは大学を辞め、シスターになった彼女が颯真の担当教会を受け継ぎ、
その告解室に彼を監禁すること。

   あああああ、もうここから一気に脳内に湧いては消え、消えては湧く
   怒涛の見出し文字が…!

 例えば、事件が発覚したら…
 「修道女が教会内の告解室に青年を監禁」(新聞風)
 「シスター、美青年を告解室に監禁」(雑誌風)
 「堕ちた聖女、首輪と南京錠で美青年を監禁調教!?」(ワイドショー風)
 とか、
 「信者衝撃!新たな告解室設置は監禁場所確保のためだった!?」
 「監禁青年、解放を拒否、”あれは神がくれた場所”」
 「洗脳か?悪魔のシスターの淫らな手管」
 「”私は危険なんです”中二発言の青年、身元判明」
 「監禁美青年は前任の牧師だった!」
 「配置異動と信者に説明、元教授には行方不明を装う」
 「OO大学宗教学教授、”そんな子たちではない”」
 「神の聖堂で何が!?元聖職者、そろって精神鑑定へ」
 ああ、なんて考えてるうちに終わってしまった。

狂愛カタルシス 輪廻 特典
アニメイト特典「狂の果て」は、閉ざされた告解室で鎖と鍵を増やして
ほしいという彼。妊娠を告げる彼女。それでも監禁部屋を出たくない彼と、
出したくない彼女。
彼の前世の名前を思い出し、独占できることを悦ぶ彼女。
閉ざされ、隔離された世界。そこでだけ成就する闇の愛。

   君ら働け。

子供の父親をどう説明する気かと尋ねる彼。
   まさか神の子とか言う気じゃと思った瞬間
言ったーーーー!!
   まさかその説明がまかり通ると本気で思うならやはり精神鑑定が、て
   そうか!狂愛ならそれでいいのか!思ってた[狂]とはちょっと違うけど。


若干収録時間が短めに感じましたが、このシナリオならだらだら長いより
この方がいいと思うし、久しぶりに皇帝さんの病み声も聴かせてもらいました。
終盤、夢と現実が合致しはじめてからのセリフはかなり駆け足になる部分も
あり、ツッコミ体質な自分の脳内イメージのせいで色々振り切れてしまい
ましたが、1作目の二人が、晴れて(?)彼らなりのカタルシスに行き着いたので
よかったよかったと思いました。
楽しかったです!

お付き合い下さった方、ありがとうございました。


拍手くださった方、ありがとうございます!
皇帝さん、ヤンデレの4本足ですね~!
スポンサーサイト



狂愛カタルシス |トラックバック(0) |コメント(0)

プロフィール

シカピ

Author:シカピ
数年前、とある美声にひと耳惚れし、
そのまま声フェチに、そして
ヤンデレに行き着きました。
同じ道を通った人、いますか?

真冬以外は年中花粉症です。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR